商品開発の実践事例(在り方のヒアリング)

2016.08.03 by 池田美清

アイキャッチ(軽いデータ).001

 

商品開発をしていく流れを今回僕が考えた
在り方のヒアリングで投稿していきますね。

この投稿は実践しながら書いていくので実践と共に書き足していきます。

在り方を明確にするヒアリングとは

 

在り方を明確にするヒアリングとはオウンドメディアで
情報発信をする前にあなたの在るべき姿つまり、
周りの人からあなたがどう見られているのか?

また、どう見られるべきなのか?

それを明らかにしてから情報発信や目標を決めたほうが
ブレない情報発信&オウンドメディアを作ることが出来ます。

 

その為に下記のようなヒアリングをして、
あなたの在るべき姿、つまり在り方を明確にしていきます。

 

【原本】在り方を導き出す_ヒアリング

 

 

池田
上の画像はクリックすると大きく開きますので
スマホでも拡大できるし見やすいですよ

 

このようなヒアリングからあなたの在るべき姿
つまり、在り方を明確にしていきます。

 

なぜ作ったのか?

プロデューサーが良いお客様と出会うための
フロントエンド商品として開発しました。

このヒアリングをすることで、お客様の商品サービス
お客様自身を好きになることが出来ます。

また、好きになれない場合は仕事を受けるべきではない!
といった判断基準が明確になります。

 

社内で感想を聞く

 

まずは社内でチャレンジしてもらいました。

そこでも色々な意見をいただき、改善していきました。

モニター募集

 

池田
次はモニター募集をして実戦テストです。
下記のようなモニター募集をしました。

 

スクリーンショット 2016-08-03 9.55.53

 

池田
ありがたいことにさっそく、
こんな反応をしてくれました♪

 

 

スクリーンショット 2016-08-03 9.56.14

 

さっそくお客様の声に協力してもらいました。

 

自分の現状を客観的に見れて行動まで決まるのですごいよかったです

これからどんどん実践して商品化していきますね〜

モニターはまだ募集中です。

 

 

 

無料モニターの申し込みはFBメッセージからおねがいします。

 

 

The following two tabs change content below.
池田美清

池田美清

代表取締役株式会社ミリオネア
ビジネスの企画やアイデアを出すことにおいては誰にも負けない自信があります。楽しいビジネスを一緒に展開していきませんか?
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加