ワッツマフィンで自分のビジョンが固まりました♪

2016.08.14 by 池田美清

ワッツマフィン

 

池田
僕がやっている仕事なのですが、やっぱり良い仕事だなと思うと同時に
もっともっと拡げないといけないと決意が固まりました♪

今日、はじめて行ったお店なのですが、
こじんまりとしているお店ですがすっごく雰囲気が良かったのです。

店主もボードゲームやゲーム好きで
めっちゃ良い人でした!

お客さんも良い感じの人で初対面なのに
気軽に話して一緒に音楽メドレーを聞きながら

 

池田
これ誰の曲?

 

お客様
ZARD!

 

とか音楽を当てて遊んだり、

ゲームを一緒にしたりと近所にあったら良いのになぁ
こんな良いお店があるので知らない人も多いんだろうなぁと感じたんですよね。

 

ワッツマフィンはめっちゃ良いお店

ワッツマフィンを紹介しているサイト

 

『谷町四丁目にオープンしたマフィン専門店「ワッツ マフィン」で様々なマフィンを堪能!』

マフィン専門店でマフィンをハント!谷町四丁目にオープンしてまだ一ヶ月の新進気鋭のマフィン専門店「ワッツ マフィン」に訪問。パックマンみたいなロゴが面白いです。&

谷町四丁目にオープンしたマフィン専門店「ワッツ マフィン」で様々なマフィンを堪能! : スイーツハンター月ウサギの食べ日記

谷町四丁目にオープンしたマフィン専門店でマフィンをハント!ワッツ マフィン・大阪府大阪市中央区徳井町2-1-15 徳井町ビル 2F谷町四丁目に隠れるように佇むマフィン専門店「ワッツ マフィン」に訪問。パックマンみたいなロゴが面白いです。店舗はビルの2Fにある為、階段を

 

池田
Twitterはこちら

ワッツマフィン(@City_Invader)さん | Twitter

 

 

池田
こんな感じでこじんまりとした心地良い空間でした♪

 

 

ワッツさんと楽しんだゲーム

 

ワッツマフィンではたくさんのボードゲームがあって、
その中から今日やってみたゲームを紹介しますね。

数字を当てる『DOMEMO』

DOMEMO

池田
これは自分の数字を上げるゲームで結構楽しかったです♪

 

 

反射ゲームの『DOBBLE』

dobble

池田
これは旅行とか色々な所に持っていけば合間時間に楽しめますよ
スピードみたいですごいおもろいです!

海外でも大人気の不思議な絵合わせカードゲーム『ドブル(Dobble)』

今回紹介するのは、世界でも大人気のカードゲーム『ドブル(Dobble)』です。先日行ったロンドンのおもちゃ屋Hamleysでは、店員の実演に大きな人だかりができていました。 場に出ているカードに書かれた絵と自分の手持ちカードの絵を合わせるというシンプルなルールにもかかわらず、とても盛り上がるゲームです。 ルールは超シンプル ドブルのカードは、四角形ではなく、円形をしています。各カードには、8種類の絵が書かれています。 一見、各カードの絵はばらばらに見えますが、実は全55枚のカードのうち、どの2枚のカードを選んでも、その中には必ず一つだけ共通する絵柄が描かれています。 例えば、上の写真で右上のカードから時計周りに見ていくと、上段右と下段右のカードは『くも』が共通、下段右と下段中央のカードは『ろうそく』が共通、以下同様に『ろうそく』、『がいこつ』、『くも』が2枚に共通の絵柄となります。 このゲームのルールは、場に出されているカードに描かれた8つの絵柄の中から、自分のカードにも描かれた絵柄を見つけ、その絵柄を宣言するというシンプルなものです。 絵柄の宣言と同時に、自分のカードを場のカードの上に重ねていき、最終的に手持ちのカードが先になくなった人が勝者となります。 実際には、色んな遊び方があるのですが、いずれの遊び方もポイントは同じ絵柄をできるだけ早く見つけることです。 『Spot it!(それを見つけろ!)』という名前で売られているものもあるようですが、基本的には同じカードゲームです。 反射神経と視野の広さが命 場にでているカードと手持ちのカードを同時に把握するような視野の広さと反射神経がものをいうゲームなので、家族でやる場合など、大人と小さい子供では強さにちょっと差がついてしまいがちです。 そういった場合は、子供の最初の手持ちカードを少なくしてあげるなどのハンディキャップをつけてやれば、みんなで楽しく遊べます。ほぼ同時だったら小さい子優先とか。 このゲームの推奨年齢は6歳以上になっていますが、『ドブル・キッズ/DOBBLE KIDS』という絵柄が少ないものも出ており、こちらは推奨年齢が4歳以上となっています。 ただ、ハンデさえうまく設定してやれば、4歳でも通常のドブルを楽しめると思います。

 

 

人狼に似ている『レジスタンス』

レジスタンス

池田
これは人狼ゲームにハマっていると伝えたら
店長のワッツさんがすすめてくれたゲームです。
まだやっていないので今度やってみます。

レジスタンス/Resistance – ボードゲームレビュー

 

 

こんな感じでめっちゃ良い店なので本当に

みんなの想い
こんな良い店
知らないともったいない!!

とおもったんですよ!

 

 

僕の仕事を簡単に説明すると

 

僕の仕事は簡単にいえば

 

こんな良いお店やサービス、良い会社や仕事などを
もっとたくさんの人に知ってもらって喜ぶ人達を増やす!

 

これです。

 

これをどのように提供するのか?

僕1人のちからでは全く足りないので
一緒に拡げてくれるプロデューサーの仕事を
マインドマップでまとめてみました

 

プロデューサーってどんな人?

 

こんな感じで作ってみました!

 

これをたくさんの仲間をあつめて日本中に拡げていきます。

 

ちょっと寝付けなかったのでブログ書いてみました!

 

池田
さぁ!
がんばるぞ〜〜

 

 

The following two tabs change content below.
池田美清

池田美清

代表取締役株式会社ミリオネア
ビジネスの企画やアイデアを出すことにおいては誰にも負けない自信があります。楽しいビジネスを一緒に展開していきませんか?
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加